ホーム食材News > 今が旬の食材!カリフラワー

今が旬の食材!カリフラワー

「2017年02月01日 今が旬の食材!カリフラワー」を表示しています。

月間表示

記事検索

検索

カテゴリー

カテゴリー:食材辞典旬の食材2月の食材

………………………………………………………
 ■ 旬の食材 〜カリフラワー〜
………………………………………………………

カリフラワーは白いブーケのような野菜で、独特の歯ごたえがありクセのない味わいです。
一般的なカリフラワーは白色ですが、最近はオレンジ色や紫色のものもあります。
色つきのカリフラワーは遺伝子組み換えなどで操作したわけではなく、何十年もかけ伝統的な品種改良を行ったものです。
カリフラワーはその鮮やかな色合いから料理に使われる機会の多い野菜です。


【 栄 養 】

カリフラワーにはレモンに負けないほどのビタミンCが含まれています。
ブロッコリーはゆでると栄養素が壊れやすいですが、カリフラワーは組織がしっかりしているため
ゆでた後もほぼ同じビタミンCを摂ることができます。
ビタミンCには抗酸化作用や風邪の予防などの効果が期待できるので食卓に欠かせない存在といえます。

今が旬の食材!カリフラワー

【 歴 史 】

カリフラワーの祖先はキャベツや白菜などと同じ野菜のケールといわれています。
また、ブロッコリーと形が似ていますが、カリフラワーはブロッコリーの突然変異と考えられています。
その後、品種改良を重ねて今のカリフラワーになりました。

カリフラワーは16〜19世紀に地中海沿岸で発達して普及し、19世紀になってからアメリカやアジアに伝わったとされます。
しかし、当時は毒があると信じられていたために観賞用として育てられていました。
日本へは明治時代に伝来しましたが、当時はあまり普及せず、戦後になって食文化が変化したことで需要が増え、全国に広まりました。



【 選 び 方 】

・中身が真っ白なもの

・締りがあって硬いもの

・持った時にずっしりと重みを感じるもの

・茎の切り口がみずみずしく新しいもの、空洞のないもの

カリフラワーはあまり日持ちしないのでなるべく早く調理してください。
調理するまでは乾燥しないようにラップにくるんで冷蔵庫の野菜室で立てて保存するようにしましょう。


コメントを書く

投稿ポリシーに同意の上、「確認する」をクリックしてください。
入力内容にHTMLタグは利用できません。

※「食材プロ.com」にて内容を確認させていただいた後、表示されます。
投稿後すぐには掲載されませんので、ご了承ください。

お名前

コメント

投稿ポリシー

本サイトサイトポリシー、プライバシーポリシーをお読みいただき、同意していただいた場合のみご利用ください。

1.禁止行為

本サイトを利用する上で、以下の行為を禁止いたします。

  1. 1 公序良俗に反する行為、犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそれらの恐れのある行為。
  2. 2 本サイトまたは第3者の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、名誉もしくは信用を毀損する行為、またはそれらの恐れのある行為。
  3. 3 会員登録、お問合せなどをする際に、虚偽の登録、申告を行う行為。
  4. 4 コンピュータウィルスなど有害なプログラムを使用または提供する行為。
  5. 5 その他、法律、法令などに違反する行為。
  6. 6 その他、当社が不適切と判断する行為。
  7. 7 本サイトを無断で営利目的に使用すること。

2.お客様からの提供情報

お客様により本サイトに提供された個人情報を含まない書き込み・提案・情報その他の提供物は、秘密性がない一般情報として扱われます。お客様は、本サイトが提供情報を自由に使用することに予め同意したものとし、これらの使用がいかなる第三者の権利も侵害しないことを保証します。

確認する


コメント(0)


プライスブック

食材カタログコーナー


新商品コーナー


YAGUチャンネル


会員様 ログイン

会員ID

パスワード

パスワードを忘れた方パスワードを忘れた方

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る